hdd認識しないなら自分で弄らずにプロに依頼しよう

ビジネスでは日常的に利用

社内

メール以外の方法も選択

ビジネスの現場でデータ送信を行う機会は数多くあります。社内間のやり取りであれば、多少のマナー違反も許されることが多くなっていますが、社外へのデータ送信の際にはルールを守る必要があります。ルールといっても明確に決められている訳ではありませんが、暗黙のルールのように一般常識としてとらえられるものです。マナーをするようなデータ送信を行っている場合、会社の質や常識を疑われることになり信用を失うなどのビジネスチャンスを失うことにもつながる可能性がありますので、注意が必要になります。一般的に使用するデータ送信のツールはメールになりますが、オンラインストレージなどのサービスを有効に利用することが大事なポイントになります。

一般的な常識

データ送信をメールで行う場合、まず気を付けなければならないのは容量です。データサイズは一般的に1メガバイトまでとされています。これを超過する様な場合には、圧縮するなど1メガバイト以下に抑えることが常識です。会社によっては、容量制限をかけていることがあります。送ったはずでも容量制限で届いていない場合などが発生する可能性があります。これを超過するようであれば、オンラインストレージなどのサービスを有効に活用することが常識となります。また、メール送信する際には、パスワードの設定をすることが常識です。個人情報が含まれているいないに関わらずパスワード設定することはメール送信の常識ともいえる行為なのです。セキュリティに対してしっかりしている印象を与えることができます。