hdd認識しないなら自分で弄らずにプロに依頼しよう

ビジネスでは日常的に利用

社内

データ送信をビジネスの現場で行う事は日常的です。しかし一般的な常識の範囲でマナーがあります。これを逸脱すると常識のない会社であると思われる可能性があるのです。社外でのデータ送信には特に気を付けなければならないのです。

大容量ファイルの転送

ファイル

ファイル転送サービスを利用すると大容量のファイルを転送することが可能であり、無料で利用できるものもあります。メーラーと同様の機能を持っていてファイル送信に用いられることが多いのが特徴ですが、受信にも使用しやすいサービスが増えてきています。

hddトラブルの対処法

HDD

PCの電源などを確認

外付けhdd認識しないときには、いくつかの対処法があります。初めに注意すべきなのが、パソコンの電源を入れているかという点です。外付けhddの多くは、USB端子を通して電源を確保しています。パソコンが立ち上がっていないのであれば電源が供給されないため、差し込んでもhdd認識しないという状況になります。パソコンの電源を入れ、モニターに表示されてから接続するようにするとよいでしょう。パソコンに接続する部分である、USB端子がしっかり差し込まれていない時もhdd認識しない症状が起きます。USB端子については上下の向きを間違えないようにし、奥までしっかりと差しこむようにします。差し込んだつもりでも、中に異物が詰まっていたり、端子部が変形していると途中で止まってしまうため注意が必要です。

フォルダの表示を確認

社内でデータを共有する手段として、外付けのhddが活用されています。コンパクトなボディの中に多くのデータを保存することができ、使うパソコンにつなぐだけで読み込めるのですからとても便利です。ただ不具合も多く、中でもパソコンにつないだもののhdd認識しないという現象はよくあるようです。この現象は通常と異なり、正しくUSB端子を差し込んだにもかかわらずいつまで経ってもデータが表示されないのが特徴です。通常であればタスクバーに表示されるはずのアイコンが表示されないのも、hdd認識しない時の特徴なので注意して見ておくと判別できます。接続した時の音によっても、hdd認識しない状態を見分けられます。差し込んですぐにhddの回転音がしないときには、同様の症状が起きていると考えられます。

ファイルの共有とは

ファイル

複数のコンピュータを利用している場合には同じ目的のフォルダーを利用していると常に更新をかけて同じ内容にしておく必要があります。こういう場合にはファイル共有を利用すると互いに繋がった複数の端末からアクセスでき1つのファイルを利用できるようになります。